塩水港精糖株式会社 ENSUIKO SUGAR REFINING CO., LTD.



学会発表・論文発表

学会発表

発表者 学会名 演題名
2017年 5月 岸野ら 第71回
日本栄養・食糧学会大会
乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)摂取マウスにおける整腸作用と糞便遊離型ビオチンの検討
2017年 1月 呉ら 第12回
バイオマス科学会議
グルカル酸を原料とした新規ポリアミドの合成と物性評価
2016年 9月 呉ら 2016年度生物工学会北日本支部札幌シンポジウム グルカル酸を原料とした新規ポリアミドの合成と評価
2016年 5月 岸野ら 第70回
日本栄養・食糧学会大会
乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)がマウスの消化管IgA及びムチン産生に及ぼす影響
2016年 5月 岸野ら 第114回精糖技術研究会 乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)の免疫調節機能
精糖技術研究会賞受賞
2015年 11月 岸野ら 第20回日本食物繊維学会 下剤を常用する慢性便秘患者を対象とした乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)の効果
2015年 6月 Wuら The 5th International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2015) Synthesis and characterization of polymers from D-glucaric acid
2015年 5月 岸野ら 第69回日本栄養・食糧学会大会 (ACN 2015) Effects of lactosucrose supplementation on antibodies production in normal or respiratory syncytial (RS) virus infected mice
(ラクトスクロースが正常あるいはRSウイルス感染マウスの抗体産生に及ぼす影響)
2015年 5月 呉ら 第64回高分子学会年次大会 D-グルカル酸を用いたポリアミド及びポリエステルの合成
2015年 3月 Wuら International Symposium
on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015)
Synthesis of polyamides and polyesters from glucaric acid
2014年 5月 岸野ら 第68回
日本栄養・食糧学会大会
ラクトスクロース摂取がマウスのRespiratory syncytial
(RS)ウイルス感染に及ぼす影響
2014年 5月 田所ら 第112回
精糖技術研究会
グルクロン酸の新規製造方法の開発
2014年 4月 Shigehiroら 第105回
米国がん学会
(AACR2014,
San Diego)
Anti-cancer activity of immunoliposomes encapsulated
effective amount of glycosylated paclitaxel with novel
loading strategy
(新規封入法を用いた糖修飾パクリタキセル内封イムノリポソームの抗がん活性)
2014年 3月 伊藤ら 日本農芸化学会
2014年度大会
ランダム変異導入によるMicrobacterium saccharophilum
K-1株由来β-フルクトフラノシダーゼの耐熱化
2014年 3月 盛ら 日本農芸化学会
2014年度大会
Microbacterium saccharophilum K-1由来β-フルクトフラノシダーゼ耐熱化酵素の立体構造解析
2014年 3月 嶋根ら 日本農芸化学会
2014年度大会
MD・FMO計算によるMicrobacterium saccharophilum
K-1株由来β-フルクトフラノシダーゼの耐熱化
2014年 3月 三輪ら 日本農芸化学会
2014年度大会
過熱水蒸気加熱とリパーゼ処理を組み合わせた実用レベルの乳化能を持つ食品素材の開発
2013年 11月 佐藤ら 日本食品科学工学会
平成25年度
東北支部大会
乳化能を有する糖質素材の調製過程におけるデンプンの結晶性の変化
2013年 10月 Shigehiroら 第72回
日本癌学会学術総会
Anti-cancer activity of effective amount of
glycosylated paclitaxel encapsulated
Immunoliposomes with a novel encapsulation
strategy.
(新規封入法を用いた糖修飾パクリタキセル内封イムノリポソームの抗がん活性評価)
2013年 10月 岸野ら 日本食品免疫学会
第9回学術大会
ラクトスクロース摂取マウスにおけるNatural killer (NK)細胞傷害活性亢進について
2013年 5月 岸野ら 第67回
日本栄養・食糧学会
ラクトスクロースがマウスのNatural killer (NK)細胞に及ぼす影響
2013年 9月 伊藤ら 第62回
日本応用糖質科学会
Pseudogluconobacter saccharoketogenesが産生する脱水素酵素の解析
2013年 9月 村上ら 第62回
日本応用糖質科学会
Pseudogluconobacter saccharoketogenes休止菌体の各種糖質への作用性
2013年 7月 重廣ら 第29回
日本DDS学会学術集会
溶解度勾配を用いた新規能動的封入法によるタキサン系薬剤内封リポソーム
2013年 4月 Shigehiroら 第104回
米国がん学会
(AACR2013,
Washington D.C.)
A novel remote loading method with solubility gradient
to encapsulate effevtive amount of taxanes into
liposomes
(タキサン系薬剤をリポソーム内封する溶解度勾配を用いた新規能動的封入方法)
2012年 3月 横井ら 日本農芸化学会
2012年度大会
Arthrobacter sp. K-1由来β-fructofuranosidaseのX線結晶構造解析
2012年 9月 三輪ら 第61回
日本応用糖質科学会
米粉へ乳化能を付与する技術 その3
2012年 9月 深山ら 第61回
日本応用糖質科学会
米粉へ乳化能を付与する技術 その2
2012年 9月 石崎ら 第61回
日本応用糖質科学会
米粉へ乳化能を付与する技術 その1
2012年 9月 田所ら 第61回
日本応用糖質科学会
D-グルクロン酸の新規製造方法の開発
2012年 9月 伊藤ら 第61回
日本応用糖質科学会
微生物変換法によるD-グルカル酸の生産
2012年 9月 木曽ら 第61回
日本応用糖質科学会
トレハロース酸化物を用いたウロン酸アミドの合成
2012年 8月 佐藤ら 日本食品科学工学会 米粉-油脂-有機酸混合物を過熱水蒸気処理して調製した糖質素材の理化学的特性および乳化能成分の推定
2012年 5月 高橋ら 第110回
精糖技術研究会
コエンザイムQ10の熱特性・吸収性に対するサイクロデキストリンの影響
2012年 4月 Murakamiら 第102回
米国がん学会
(AACR2012,
Chicago)
Preparation and evaluation of glycosylated paclitaxel
loaded in tastuzumab-immunoliposome
(糖修飾パクリタキセルを内包するタスツツズマブ−イムノリポソーム)
2011年 9月 三輪ら 日本応用糖質科学会
平成23年度大会
糖質素材へ乳化能を付与する技術 その2
2011年 9月 三浦ら 日本応用糖質科学会
平成23年度大会
糖質素材へ乳化能を付与する技術 その1
2011年 9月 深山ら 日本応用糖質科学会
平成23年度大会
アスタキサンチン色素含有油脂を用いた簡易な乳化能評価法の開発
2011年 9月 佐藤ら 日本食品科学工学会 米粉-油脂-有機酸混合物を過熱水蒸気処理して乳化能を付与した糖質素材の理化学的特性
2011年 9月 田所ら 第28回
シクロデキストリン
シンポジウム
グルクロニルグルコシルβ−シクロデキストリンの工業的製造法の開発
2011年 11月 伊藤ら 第40回
日本免疫学会
難消化性オリゴ糖ラクトスクロースのマウスにおけるインフルエンザウイルス感染予防作用
2011年 2月 Murakamiら Chemistry in
Cancer Research
(San Diego)
Trastuzumab conjugated immunoliposome-loading
glycosylated paclitaxel
(糖修飾パクリタキセルを運搬するトラスツズマブ抱合イムノリポソーム)

論文発表

著者 雑誌名 表題
2017年 岸野ら 精糖技術研究会誌 62 1-7 (2017) 乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)の免疫調節機能
2016年 Enomoto-Rogersら Magnetic Resonance in Chemistry, 54 (7), 561-567 (2016) Conformation analysis of D-glucaric acid in deuterium oxide by NMR based on its JHH and JCH coupling constants.
2016年 Wuら ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 4 (7), 3812-3819 (2016) Synthesis of Crystalline and amphiphilic Polymers from D-Glucaric Acid
2015年 Kishinoら Bioscience of Microbiota, Food and Health. 34 67-76 (2015) Dietary lactosucrose suppresses influenza A (H1N1) virus infection in mice
2015年 Tsukaharaら Animal Science Journal, 2015 Jul 8. doi: 10.1111/asj.12399 Influence of weaning age on the villous height and disaccharidase activities in the porcine small intestine
2014年 Shigehiroら PLoS ONE, in press Efficient drug delivery of paclitaxel glycoside:
a novel solubility gradient encapsulation into
liposomes coupled with immunoliposomes
preparation
(パクリタキセル配糖体の効率的な薬物送達:イムノリポソーム製剤を結合したリポソームへの新規な溶解度勾配封入法)
2014年 Ohtaら Applied Microbiology and
Biotechnology,in press
Enhancing thermostability and the structural
characterization of Microbacterium saccharophilum
K-1 beta-fructofuranosidase
(Microbacterium saccharophilum K-1株由来β-フルクトフラノシダーゼの耐熱化と構造解析)
2014年 伊藤ら 応用糖質科学 4(1)
39-48 (2014)
ラクトスクロースの摂取が妊婦の便通および腸内菌叢に及ぼす影響と安全性の検討
2013年 Ohtaら Int J Syst Evol Microbiol.
63 2765-2769 (2013)
Microbacterium saccharophilum sp. nov., isolated
from a sucrose-refining factory
(精糖工場から単離した
Microbacterium saccharophilum)
2013年 Tsukaharaら Anim Sci J., 84(1)
54-59 (2013)
Correlation between villous height and the
disaccharidase activity in the small intestine of
piglets from nursing to growing.
(哺乳期から成長期における豚の小腸絨毛の高さと二糖類分解酵素活性の相関)
2012年 Tonozukaら Enzyme Microb Technol.
(6-7):359-365 (2012)
Crystal structure of a lactosucrose-producing
enzyme, Arthrobacter sp. K-1 β-fructofuranosidase
(ラクトスクロース生成酵素の結晶構造解析)
2012年 Mikuniら Japanese Pharmacology
& Therapeutics, 40 (11),
941-952 (2012)
A 13-week Feeding, Subchronic Toxicity Study of
Maltosyl Cyclodextrin Mixture (ISOELEAT) in
Crl: CD (SD) Rats
(Crl:CD(SD)ラットにおけるマルトシルシクロデキストリン混合物(イソエリート)の13週間摂食亜慢性毒性試験)
2012年 Takahashiら J. Appl. Glycosci., 59,
97-103 (2012)
Effect of different types of cyclodextrins on
gastrointestinal absorption of α-lipoic acid in rats
and humans
(ラット及びヒトにおけるα-リポ酸の消化管吸収に対する様々な種類のサイクロデキストリンの影響)
2011年 高橋ら 日本食品科学工学会誌
58(12), 583-590
(2011)
α−リポ酸の辛味に対するサイクロデキストリンの影響
2011年 Takahashiら Bioscience,
Biotechnology, and
Biochemistry,75,
633-637 (2011)
The Aqueous Solubility and Thermal Stability of
α-Lipoic Acid Are Enhanced by Cyclodextrin
(α−リポ酸の水溶性および熱安定性はサイクロデキストリンによって改善される)

↑PAGE TOP