塩水港精糖株式会社 ENSUIKO SUGAR REFINING CO., LTD.



サラシア属植物 脂肪の蓄積抑制効果

サラシア属植物エキス末の脂肪蓄積抑制効果(細胞)

試験方法

腸間膜脂肪細胞培養キットを用いて評価しました。腸間膜脂肪細胞に脂肪滴が生成したのを確認した後、サラシア属植物エキス末100 μg/mLとなるように添加して培養しました。培養終了時にOil Red O染色して脂肪量を定量し、対照に対する割合(%)を算出しました。

(当社調べ、第59回日本栄養・食糧学会大会にて発表)

サラシア属植物エキス末の脂肪蓄積抑制効果(細胞)

対照
対照
サラシア属植物エキス末100μg/mL
サラシア属植物エキス末100μg/mL

サラシア属植物エキス末の脂肪蓄積抑制効果(ラット)

試験方法
  • ●動物:SD系 雄性ラット 5週齢
  • ●試験物質:サラシア属植物エキス末
  • ●投与経路:経口強制投与
  • ●投与量:30mg/日/ラット
  • ●飼料:高脂肪飼料
    (脂質:全エネルギーの44.9%)
  • ●測定項目:体重、内臓脂肪量
飼育方法

[高脂肪食群]
馴化飼育1週間 高脂肪飼料給餌飼育5週間
[高脂肪食+サラシア属植物エキス末群]
馴化飼育1週間 高脂肪飼料で飼育1週間
+サラシア属植物エキス末投与飼育4週間

(当社調べ)

体重の変化終体重に対する内臓脂肪(白色脂肪)の割合

※1P<0.05  ※2P<0.01で高脂肪食群に対して有意差あり
出典:J.Nutr.,136,433-439(2006)

「コタラのおかげ®」によるLDLコレステロールの変化(ヒト)

試験方法

被験者:糖尿病治療通院者 男性5名(46〜74歳)女性3名(56〜69歳)
摂取方法:「コタラのおかげ®」1包(800 mg)を毎食前に2ヶ月間摂取
試験実施機関:高輪メディカルクリニック

2例を除き、LDLコレステロールが2ヶ月後に下がりました。
LDLコレステロール
悪玉コレステロールともいわれ、血中濃度が高くならないようにコントロールする必要があります。
LDLコレステロールが高いと、脳動脈硬化症、心冠動脈疾患、高血圧症、肝疾患、糖尿病、腎疾患、内分泌疾患、膵疾患の恐れがあります。

LDLコレステロール

「コタラのおかげ®」による中性脂肪の変化(ヒト)

試験方法

被験者:境界型、1型,2型糖尿病患者9名
摂取方法:「コタラのおかげ®」を毎食ごとに1包ずつ2ヶ月間摂取
試験実施機関:(財)野口医学研究所

1例を除き、中性脂肪が2ヶ月後に下がりました。
中性脂肪
血中の中性脂肪(トリグリセライド)値は標準値を越えると、糖尿病、高脂血症、肥満症、肝疾患の恐れがあります。基準値・正常範囲は、40〜160 mg/dLです。

中性脂肪

サラシア属植物エキス末が腹部脂肪等へおよぼす影響(ヒト)

試験方法

被験者:内臓脂肪の気になる方で、内臓脂肪断面積が100 cm2以上 19名
摂取方法:毎食ごとにサラシア属植物エキス末1カプセル(400 mg)ずつ8週間摂取(運動個人指導あり)
試験実施機関:高輪メディカルクリニック

この他に、血中トリグリセリド、全脂肪(内臓脂肪+皮下脂肪)面積が有意に低下、ヘモグロビンA1cが低下傾向を示しました。

サラシア属植物エキス末が腹部脂肪等へおよぼす影響(ヒト)

※1P<0.05で摂取前に対して有意差あり

「コタラのおかげ®」が内臓脂肪面積におよぼす影響(ヒト)

試験方法

被験者:「中性脂肪・血糖値・健康管理が気になる方」で募集したモニター10名
摂取方法:「コタラのおかげ®」を毎食ごとに1包ずつ8週間摂取

(当社調べ、第64回日本栄養・食糧学会大会にて発表)

被験者全体では内臓脂肪面積値の減少傾向が認められました。
メタボリックシンドローム診断基準(100cm2)以上のモニターは全員、内臓脂肪面積値が減少しました。

「コタラのおかげ®」が内蔵脂肪面積におよぼす影響(ヒト)


↑PAGE TOP