塩水港精糖株式会社 ENSUIKO SUGAR REFINING CO., LTD.



砂糖の真実

第 2 回

日本の砂糖の歴史 その1

一覧へ戻る

<八代将軍徳川吉宗が始めた日本の砂糖づくり> 


 江戸時代の中頃から、
 
 輸入された砂糖がお菓子などにたくさん使われるようになりました。

 ところが砂糖の値段があまりにも高かったので、

 外国へ支払う金や銀がたくさん必要となりました。

 
 そこで吉宗は、日本でも砂糖をつくろうと考え、

 江戸城内でさとうきびの栽培をはじめ、砂糖づくりを全国にすすめました。
 
 これが日本の砂糖(和糖)づくりのはじまりです。


砂糖の真実

関連リンク

↑PAGE TOP